加盟会社募集中! お電話でのお問い合わせはこちら 0800-111-5585

グリーン電力証書で太陽光発電の活用を促進する

グリーン電力証書とはなにか、またグリーン電力証書の活用事例についてご紹介します。

この記事の目次

  • 1. グリーン電力証書とは、グリーン電力がもつ環境価値を取引する証書
  • 2. 再生可能エネルギーの発電・購買を促進する、グリーン電力証書
  • 3. グリーン電力証書による、産業用太陽光発電の活用促進事例

1. グリーン電力証書とは、グリーン電力がもつ環境価値を取引する証書

グリーン電力証書」のグリーン電力とは何でしょうか?

ネーミングからも何となくイメージが湧きますが「生物資源・風力・太陽光」などの自然エネルギーによって作られた電力のことです。
けれど、普通の電力とは違います。

グリーン電力は、「電気としての価値」の他に、「省エネやCO2排出削減」のような環境面からみての価値もプラスしたものなのです。

このように環境価値の高いグリーン電力をもっと広めたい・たくさんの人々に利用して欲しいという想いから生まれたのがグリーン電力証書です。

目に見えないグリーン電力の「環境価値」を目に見える「証書」として取り引きすることで、形のない電力がより扱いやすくなったのです。

加えてグリーン電力証書ならではの、大きなメリットも生まれました。

それは、太陽光発電・風力発電などの実際の発電設備を有しなくても、証書の購入者はそれらの発電設備によって生み出されたグリーン電力を使用しているとみなされるのです!

グリーン電力証書ができたことによって、企業にとって、大きなイメージアップ戦略の1つとして利用できるという大きなメリットがあります。

2. 再生可能エネルギーの発電・購買を促進する、グリーン電力証書

グリーン電力証書が社会の中でどのような役割を果たしているのか?

実際にグリーン電力設備の維持・運営に多額の費用が掛かり、設備の維持継続が困難になるケースが見られます。

けれども、グリーン電力証書取引があることで、下記の追加性要件をクリアした発電設備の維持費用の一部をサポートしてくれるのです。

ちなみに追加性要件とは、以下の3つです。


①グリーン電力証書取引が当該設備の建設に貢献していること

②発電量の維持・拡大を推し進めていること

③当該設備以外のグリーン電力の拡大に貢献していること


※太陽光発電・風力発電・バイオマス発電がグリーン電力設備として認定を受けるためには、「追加性要件」をクリアしなければいけないという決まりがあります。

発電設備の維持費用の一部を負担してくれるという手厚いサポートが、グリーン電力の維持・拡大に大きな影響力を及ぼしていることは間違いありません。

グリーン電力証書は、再生可能エネルギー発電事業者と証書利用者の両方にメリットが!

実は、こんなにもグリーン電力証書をオススメするのには理由があります。

なんとグリーン電力証書は、再生可能エネルギー発電事業者と証書利用者の両方にメリットがあるのです。

それでは、それぞれのメリットについてご説明してまいります。

①再生可能エネルギー発電事業者のメリット

・自社で生み出した「環境価値」が多くの企業や市民のCO2削減、環境改善の活動に貢献する。

・売電収入の他に、環境価値の提供による収入が期待できる。
→これによって、増えた分の収入を発電設備の維持や運営などに活用している方もいます。

②グリーン電力証書利用者のメリット

・発電設備がなくても、再生可能エネルギーを利用することが可能になる。

・グリーン電力証書を利用することで、CO2を排出しない電気を利用したとみなされる。
→これらの電気は、環境・温暖化対策として活用することが可能になる。

・グリーン電力の環境価値をさまざまな商品・イベントに活用できる。

・グリーン電力証書発行事業者のロゴマーク・環境報告書・CSRレポートなどを使う事が許可される。

・ISO14000シリーズの取得・更新に利用することが可能。

3. グリーン電力証書による、産業用太陽光発電の活用促進事例

ここまでは、グリーン電力証書の概要や、再生可能エネルギー発電事業者と証書利用者にまつわるメリットをお話してまいりました。

最後に、実際にどのようにグリーン電力証書が使われているのかをご紹介していきます。

①商品・サービスに活用されている事例

中田英寿氏オフィシャルサイト「nakata.net」

元日本代表サッカー選手の中田英寿氏が運営するソーシャルエンタテイメントサイトです。

グリーン電力が使われたのは、2010年4月15日~現在に至るまで。サーバーを稼動させるために年間15,000キロワットアワーをグリーン電力で賄っています。


②オフィスや店舗などに活用されている事例

ソニー株式会社「ソニーのECO-工場・オフィスのECO」

ソニーマーケティング株式会社・ソニーサプライチェーンソリューション株式会社・ソニー銀行株式会社では、ISO14001認証事務所で使用電力の全てをグリーン電力で賄っています。

またソニーシティ(本社)では、使用電力の約50%がグリーン電力です。

③イベントにおける活用事例

京セラ株式会社「エコ・ゴルフツアー」

京セラ株式会社は、自社開催・運営のゴルフツアー三日間で必要な電力15,000キロワットアワーを、グリーン電力証書システムによって賄いました。

④自治体による活用事例

札幌市「札幌市グリーン電力証書需要創出モデル事業」

札幌市は、平成21年度に市内の新規太陽光発電設備設置者を対象に総発電量メーター設置の補助を行っています。

そこで、設置者から市へ無償で譲渡される平成22年度分の環境価値を市内企業へグリーン電力証書として発行するモデル事業を行っています。

このように、個人の事業主や企業、さらには自治体まで本当にさまざまな分野でグリーン電力証書が活用されています。

グリーン電力証書によって、産業用太陽光発電の活用が促進されることは間違いありません。

興味のある方は、グリーン電力証書について一度お調べになってはいかがでしょうか?

太陽光発電・蓄電池・オール電化

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら