加盟会社募集中! お電話でのお問い合わせはこちら 0800-111-5585

マンション・工場・商業施設・公共施設への産業用太陽光発電

建物に太陽光発電を設置した場合のメリットを建物の種別ごとにご紹介します。

この記事の目次

  • 1. マンション・アパート経営に注目される産業用太陽光発電
  • 2. 工場屋根・敷地への産業用太陽光発電、工場立地法など制度が充実
  • 3. 商業施設に産業用太陽光発電、集客力・評判の上昇効果が望める
  • 4. 公共施設への産業用太陽光発電、防災性能や環境意識の向上に最適

1. マンション・アパート経営に注目される産業用太陽光発電

産業用太陽光発電は一つのビジネスとして、マンションやアパートの経営者に注目されています。
実は、マンションやアパートに太陽光発電を設置するのには大きなメリットがあるのです。早速ご紹介いたします!

メリット1: 長期的に収入源を確保する

マンション・アパート経営は、家賃収入によって成り立っています。空き室があると家賃収入はないのに部屋や建物全体の維持費ばかりがかかるので、経営上難しい問題になります。そこで、産業用太陽光発電が役立ちます。
売電収入によって、長期的な売電収入が見込めるので、家賃収入だけに頼る必要がなくなるのです。

メリット2: 物件のイメージアップ

太陽光発電は、エコでクリーンなエネルギーとして注目されています。光熱費の節約・緊急災害時の電力源というメリットが、マンションやアパートに大きな資産価値を与えていることは間違いありません。

メリット3: 共益費の削減

エレベーターやエントランスホールの光熱費として徴収される共益費。
毎月結構な額を徴収されていますし、コストカットが難しいというデメリットがあります。けれど太陽光発電を設置すれば、電力会社から購入する電力の量が少なくなるので共益費の削減につながります。

2. 工場屋根・敷地への産業用太陽光発電、工場立地法など制度が充実

それでは、産業用太陽光発電を「工場」に設置した場合はどうでしょう?
工場ならではのメリットが2つあります!

メリット1: 敷地を有効活用をしながら、工場立地法の対策に

工場立地法によって、工場は敷地面積の25%以上を環境施設(緑地を含む)にしなければいけません。しかし、2012年に転機が訪れます。今まで「工場」というカテゴリーにおかれていた太陽光発電設備が、「環境施設面積」と見なされるようになったのです。
これによって、工場内の敷地の有効活用が促進されて、工場に太陽光発電を設置しやすくなりました。

メリット2: 万が一の時の電力不足を回避

日本に起きた未曾有の大震災によって、ほとんどの原子力発電所が機能を停止しました。
それによって日本は慢性的な電力不足に陥っています。

電力会社の電力のみに頼っていると、緊急災害時に電力を得られる確証はどこにもありません。
けれど自らの工場に発電施設を導入していれば、緊急時や停電時に非常に役立つのです。

3. 商業施設に産業用太陽光発電、集客力・評判の上昇効果が望める

それでは、産業用太陽光発電を「商業用施設」に設置した場合はどうでしょう?
商業施設ならではのメリットが2つあります!

メリット1: CSR活動でイメージアップ!集客力アップ

「CSR活動」とは、和訳すると「企業の社会的責任活動」となります。
エコでクリーンな太陽光発電の導入によって、企業のCSR活動における評価は高まります。
また、企業ブランドの向上やイメージアップに繋がることも間違いありません。
企業のイメージアップは、そのまま集客力に繋がるほどとても重要なものなのです。

メリット2: 遮熱板として機能、空調負荷の軽減に

太陽光パネルは発電設備としてだけでなく、遮熱板としての役割もあります。
太陽光パネルのおかげで、屋上に直接太陽光があたらなくなるのです。それによって屋根の表面の温度が下がるので空調負荷が軽減されて、室内の温度が上昇するのを防ぐことができるのです。

4. 公共施設への産業用太陽光発電、防災性能や環境意識の向上に最適

それでは、産業用太陽光発電を「公共施設」に設置した場合はどうでしょう?
公共施設ならではのメリットが2つあります!

メリット1: 災害に強い施設作り

公共施設は、緊急災害時に避難所として使われる可能性が高いです。ですから、高い防災機能が必要となります。公共施設に太陽光発電設備があれば、緊急用電源として重宝するでしょう。

メリット2: 子供たちの環境意識の向上

太陽光発電は、エコでクリーンなエネルギーを生み出す発電設備としての役割だけでは終わりません!
子供たちが発電に対してもっと興味を持ち、エコ意識が高まるための1つの材料としての役割も担っているのです。

公共施設の屋根貸し事業が盛り上がっている!

「屋根貸し事業」をご存知ですか?屋根貸し事業とは、自治体が発電事業者に対して公共施設の屋根を貸し出すものです。この時の屋根の賃借料は、事業者の売電収入から支払われます。

屋根貸し事業は、自治体と事業者の両方にメリットがあるのも魅力の1つです。
自治体は、非常用電源を実質無料で手に入れる事ができます。そして太陽光発電の事業者は、売電収入を得ることができます。

実際に、屋根貸し事業は年々盛り上がっています!今後も設置件数が増えていくことは間違いないでしょう。

太陽光発電・蓄電池・オール電化

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら