加盟会社募集中! お電話でのお問い合わせはこちら 0800-111-5585

太陽光発電とオール電化の相乗効果で光熱費ゼロ

太陽光発電は電気を生み出す製品。太陽光発電を導入するなら家のエネルギーの全てを電気でまかないたいですよね。エコキュートやIHクッキングヒーターを導入すれば光熱費0円生活も夢ではない!?太陽光発電とオール電化を組み合わせたときのメリットについてご紹介します。

この記事の目次

  • 1.オール電化でガス代ゼロの光熱費に
  • 2.オール電化の最大のメリット「時間帯別電灯」とは

1.オール電化でガス代ゼロの光熱費に

1.オール電化でガス代ゼロの光熱費に
太陽光発電を設置しているお家やお店の多くは、オール電化にしています。

オール電化というのは、文字通り「光熱の全てが電気」を利用しているということであり、つまりガスや灯油を使わないで生活や事業用として営むということです。電気を生み出す太陽光発電システムと、光熱費を電気代に集約するオール電化は、とても密接な関係なのです。

従来は、料理をする際のガスコンロやお風呂に入る為の給湯器もほとんどがガスを利用していました。

またお部屋を暖めるためのストーブでは灯油を利用する事もあります。それを電気を利用する製品に替える事で「オール電化」となり、毎月の光熱費の請求がガス代を無くした「電気代と水道代だけ」にすることができます。

ガスや灯油がなくなり、電気代を比較的安く抑えるオール電化ですが、導入の際にはいくつかデメリットが生じます。まず1つ目は導入コストです。新築の建物はこれから設備を揃えるため導入し易いのです。

しかし、現在住んでいる既築の場合は新しい設備を購入して設置する以外に、撤去料金や配線等の費用や手間も生じて導入が困難な場合があります。そのため、複数の専門業者に相談してみることをお勧めします。

2.オール電化の最大のメリット「時間帯別電灯」とは

光熱費用を電気代にまとめることにより、ガス代の基本料金等が掛からないので、比較的安く抑える事ができます。さらに太陽光発電システム+オール電化にすることによって、下記のようなメリットが生まれます。

電気代だけにまとめた光熱費は、太陽光発電システムの発電分で削減出来る

夜23時以降の深夜の電気使用料金が日中の約3分の1になる(東京電力の場合)

売電契約終了後も、自宅の電気として全て使用できる(産業用では不可)

上記の中でも、オール電化の最も重要なことは、電力会社と「時間帯別電灯」契約が結べることです。つまり、電気を使う時間帯によって電気代の単価が変わる契約のことであり、電気を利用する時間帯の電気料金をきちんと理解することで、太陽光発電の売電も確保しながら毎月の電気代を大幅に下げることが可能となります。

太陽光発電・蓄電池・オール電化

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら